ビットコイン どこまで上がるんだい?

日々の相場分析

こんにちは。

本日もビットコインの相場分析をしていきましょう。

早速、チャートをご覧ください。

いつものように、関係なさそうなラインは全部消去しました。

そして、新しく水色のラインを引きました。

ビットコインの価格ですが、本日高値を更新し、今もどんどん上がっていますね。

いくらなんでも、(短期間で)ちょっと上げ過ぎでは?と思ってしまいます。

いったいどこまで上がっていくんでしょうか?

10月30日の記事でもれましたが、ファンディングレートは落ち着いているので、まだまだ上昇の勢いは衰えていないということでしょう。

個人的には上げ過ぎじゃない?と少し心配しながら見ていますが…。

バブル後の最高値(13,860ドル辺り)の更新から、史上最高値(約2万ドル)まで、主要な抵抗線はほとんどないので、このまま(長い時間をかけて)するすると上がっていきそうですが、

今年中に史上最高値は無理かなーという考えは変わっていません。

調整の下落はどこかで入ると思うので、水色のラインを割ったらショートを狙ってみるのもいいかもと思っています。

ただ、上昇の勢いが強いので、ショートをここ(水色ライン)で取るというのは勇気がいりますから、実際取るかどうかは状況を見て判断したいと思っています。

 

それと本日は、10月の成績を出したいと思います。

まずはトレードの成績です。

(決済日と損益)

  • 10月2日    10,461円
  • 10月6日    21,036円
  • 10月8日    -6,309
  • 10月24日    65,811円
  • レバレッジ手数料計 -2,893

10月の合計損益 +88,106円でした。

 

次に、ビットコピーの成績も出したいと思いますが、お伝えしなければならないこともあります。

「BUSD Minted Buy」というbotを1.08倍でコピーしていました。

前回お伝えした通り、バイビットが(成績を計算するのに)ややこしかったので、FTXに変更しましたが、あとで気付いたのですがFTXの方がもっとややこしかったです。

とりあえず成績の方なんですが、

10月の成績(10月2日~10月31日)は1,661ドル(日本円では17万円くらい)ほどでした。

ビットコピーのホームページ(ランキング)に記載されている成績(大体850ドルくらい)に比べ倍くらいの利益が出てしまいました。

これについてですが、FTXはビットコピーで設定している量よりも多めに買う(売る時は規定量を売る)という(謎の)処理があり、それによりどんどん含み益がたまっていってこのような成績になってしまいました。

成績集計でも、確定益と含み益が合わさって集計されてしまう(別々にできない)ので、正確な成績(確定益)が分かりませんでした…。

それでも今回は利益が多めに出たので良かったと言えば良かったですけど。

バイビットもFTXも成績を出すのにややこしかったり、(ホームページの成績と比べ)正確な成績が出ないので、

毎月の成績を掲載するというのは、今回で断念(終了)したいと思います。すみません。

(OKExも少し試してみたのですが、出金停止騒ぎがあったためなのか分かりませんが、ビットコピーへの設定ができませんでした。そもそも出金停止になっているので利用すること自体お勧めできませんが。)

しかし、成績は公表しませんが、これからもビットコピーは使い続けていきたい思います。

基本的には「BUSD Minted Buy」一本でいこうと思っています。

本日はこの辺で失礼します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました