ケルトナーの下ラインで踏みとどまれるか?

日々の相場分析

こんにちは。

本日も相場分析をしていきましょう。

昨日はあわただしく終わってしまい、すみませんでした。

ブログを書き続ける上で、(できれば)毎日更新したいという思いがありますし、そういう意味でも記事を投稿する日付(投稿完了の日付)にはこだわりたかったので。

ブログ村や人気ブログランキングには記事をアップした日時が記載されますし…。

話変わりまして、昨日の記事で「ケルトナーチャネル」という新しいインジケーターを紹介しましたが、どんな具合なのか早速見てみましょう。

今日一日で、12,000ドル辺りから11,200ドル辺りまでの謎の大幅下落がありましたが、ちょうどケルトナーチャネルの下ラインで反発しています。

「新人」が早速役に立ってくれそうですね。

この調子であれば、私がよく使用している5つの手法(ツール)に6番目として加えられそうです。

でもまあ、意識されたのはケルトナーの下ラインより、実はこちらの方かも知れません。

いつものように1時間足チャートです。

こちらの青のサポートライン(11,120ドル辺り)に意識されて反発したのかも知れません(青ライン付近まで下がってくるとは思っていませんでした…)。

どちらが意識されたかは分かりませんが、ケルトナーの下ラインである11,200ドル付近が(短期的な)底値になるでしょうか。

ところで、昨日の上昇は結局12,000ドル付近が天井でしたね。

2週間くらい前に引いて、その後(8月19日頃から)放置状態だった黄色の帯ライン(12,000ドルライン)を今日の所まで引っ張ってきました。

8月17日に12,000ドルラインは突破していたので、もうここはあんまり意識されないんじゃないかな~と思っていましたが、しっかり意識されていたようですね。

となると、しばらくは12,000ドル~11,100ドル辺りレンジ相場になりそうですね。

ケルトナーの下ライン付近であることや青のサポートライン付近で反発したこと、しばらくはレンジ相場か?ということを踏まえ、ここから上がっていくだろうと予想し、ロングポジションを取得しました(1,213,018円)。

ただ、ケルトナーチャネルの下ラインからは大分だいぶ上の所で取ったので、そこが少し心配な点です。

しかし、ケルトナーでの手法は少し長期戦(数日程度)で見ているので、多少下がって来ても、じっくり待っていよう(保持していよう)かと思っています。

少し長期戦で見ているのには、ケルトナーチャネルを採用した経緯にも関係があります。

このケルトナーの手法を試してみようと思った経緯についても近日中にお話しできればと思っています。

ちなみに、ケルトナーチャネルの設定(パラメータ)ですが、

こんな感じです。表示させているのは4時間足で、

期間は「40」で乗数は「2.75」、ソースは「始値高値安値終値平均」です。

スタイルは「ステップライン」にしています(これは別に自分の好みでいいと思います)。

それと最後ですが、もし青のサポートラインを下回るようであれば、そこから下落していくと思うので、(ドテン)ショートを考えています。

本日はここで失礼します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました