予想は当たった!?のだが…

日々の相場分析

こんにちは。

今日もビットコインの相場分析をしましょう。

実は昨日、ブログを書き終えた後、ロングポジションを取ったのですが、すぐ損切りしてしまいました…。

タイトルの「予想は当たった!?のだが…」の意味をチャートを見ながら説明したいと思います。

まずは1時間足チャートです。

昨日おとといから言っていましたが、紫ラインを上抜けたらその後一気に上昇するだろうという予想を立てていました。

チャートを見るに、「まあ、予想は当たったかな~」という感じです…がしかし、

トレードでは負けてしまいました。

一気に上がる数時間前に、少し紫ラインを上抜けた所があるのが分かるかと思いますが、実はそこで早合点してしまい、ロングを取ってしまいました…。

15分足チャートで詳しく説明したいと思います。

こちらは15分足ですが、黄緑色の丸の所で「紫ラインを抜けた!」と思い、ロングを取りました。

しかし、その後すぐにまた紫ラインの下に入ってしまったので、結局損切り(決済)しました。

紫ラインは何度も跳ね返されていたラインだったため、「ここは相当意識されているレジスタンスだから、一回抜ければ一気に上がっていくはず」と思っていました。

なので、紫ラインにまた戻るのが想定外だったため、すぐに損切りしてしまいました。

 

損益は、

8月31日 1,244,873(買い) → 8月31日 1,239,897円(決済)

利益 -4,976円

でした。

 

その後、今日になって再び紫ラインを超えて上昇しましたが、この時はポジションを取れませんでした(仕事中でしたし…)。

結局、予想は「それなりに」当たってはいましたが、損するという結果で終わってしまいました。

トレードはなかなか難しいですね。

ちなみに、ピンクの丸の所で(もし伸ばしていれば)オレンジの平行チャネルの下ラインを下抜けていたでしょうが、ここでショートは(上記と同じく仕事中のため)取りませんでしたし、そもそも仕事が休みだったとしても取らなかったと思います。

平行チャネルは、昨日の時点で紫ラインとぶつかり、うやむや状態になっていたので、ここでチャネルは消滅したと考えてもいいかな?と思うからです。

そもそもこのオレンジの平行チャネルはあまりきれいなチャネルではなかったですし、下抜けと言っても15分足のヒゲですし、それらを総合的に考えてピンクの丸の所でショートは取らないかな、と思います。

ところで、一週間くらい前に「なんとなく」というあまりあてにならない予想をしました。

「11,400ドル辺りが底でそこから数日かけて12,300ドルくらいまで上がっていくのでは?」という予想です。

数字は全然合いませんでしたが、実はこの「あてにならない予想」が今見るとけっこうあてになっていました。

「なんとなくと言っても根拠はある」と書きましたが、その根拠なのですが、実はケルトナーチャネルという新しいインジケーターを使用していました。

私は、1.トレンドライン、2.平行チャネル、3.三角持ち合い、4.ファンディングレート、5.MACD(主に長期目線で)

の5つを分析ツール(手法)として使用している(逆に言うとこれら以外はほとんど使用しない)ということはこれまで何度かお伝えしましたが、

最近、それら以外にも新しい手法はないかといろいろ試していました。

その中で、ケルトナーチャネルを使用した良さそうな手法を見つけたのですが、少し自信がなかったので「なんとなーく」と言ってぼやかしていました。

で、このケルトナーチャネルなのですが、

下記のチャートに表示させましたのでご覧ください。

こんな感じです。

過去に、ケルトナーの下ラインで反発して、その後、上ラインまたはそれ以上まで上昇していったことが何度もあったので、今回もケルトナーの下ラインが底だろうと予想していました。

私が見ていたケルトナーチャネルの設定については明日(かもしくは近日中)にお伝えする予定です。

今日はもう時間が…。

すみません。このブログは今日中(23:59までに)にアップしたいので…。

今日はこの辺で失礼します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました