この辺が底値か?

日々の相場分析

こんにちは。

本日もビットコインの相場を見ていきたいと思います。

早速、チャートをご覧ください。

だいぶ下落してきましたが、ここからさらに下がるのか、それともこの辺が底値なのか、どちらなんでしょうか?

毎度のこと、未来はわからないのでどちらに動くかは分かりませんが、私の考えではこの辺が底値かなーと予想しています。

13日の暴落で、ファンディングレートに赤色の帯が出てきたので、売られすぎでここからは上がっていくのではないかと思っています。

最近のビットコインは、横ばいが続き元気がなく、アルトコインの方に資金が流れているようですね(アルトターン)。

今がアルトのターンだとすれば、またいずれビットコインのターンが来るでしょう。

元気がないのはビットコインだけで、仮想通貨全体の時価総額や、NYダウなどの株式も5月に入っても高値を更新していますから、そのうち割安感が出てくるかと思います。

 

ところで、最近、少し興味深い記事を読みました。

その記事には、バブル崩壊は起きないのではないか?といったことが書かれていました。

簡単に説明しますと、

「今はバブルだ」というのは、たぶんみんな思っていることであって、みんながみんな「このバブルはずっとは続かないから、予兆を感じ取ったらすぐに逃げなくては…」と思っていると。

前々回の記事で私は、「今回のバブルは、崩壊の始まりが(これまでの歴史上のバブルと比べ)少し予想がつきやすいかも知れない」と書きましたが、

素人の私でもそのくらい予想がつきやすい相場であり、当然プロの投資家たちもそんなこと(金融緩和終了でバブル崩壊する)はとっくに予想しているでしょう。

みんなそう思っているから、それ(金融緩和終了でバブル崩壊)さえも、もうすでに現在のチャートに織り込まれていて、実際に金融緩和終了(宣言)するころには、そんなに下落することはないのではないかと。

投資には、「セルザファクト」「バイザファクト」といった言葉がありますが、それらに似た感じでしょうか。

つまり、みんなが予想しそう(できそう)なことは、もうとっくにチャートに織り込まれているから、「バイザファクト」により金融緩和終了時には、バブル崩壊などなく、むしろ上昇していくのではないかと…。

とても考えさせられる内容ですね…。

そんな感じもしてきました。

考えているシナリオがもう一つ増えました。

まあ、どのシナリオであっても、長期的には上昇するという予想には変わりはないので、ガチホしていれば問題ないでしょう。

ということで本日はこの辺で失礼します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました