このまま下落していくのか?

日々の相場分析

こんにちは。

本日もビットコインの相場分析をしていきましょう。

早速、チャートをご覧ください。

じわじわと下落してきて、3万ドルを割りそうな雰囲気ですね。

ビットコインも、今は休憩中といったところですかね。

12月後半から1月初旬にかけて短期間で急上昇したので、今は少し休んでエネルギーをたくわえているところでしょうか。

今は下落局面かもしれませんが、

「今はこのまま下がっていきそうだから、いったん売って、低い価格になったら買い戻そう」とか

「今は待って(様子を見て)、また上昇相場が戻ってきたら買おう」

などとはあまり思わない方がいいと(私は)思います。

ビットコインのガチホは、基本、短期で売るべきではないですし、

ビットコインは予想しないタイミングで急上昇することがありますから…。

その価格急上昇の恩恵を受けられる方法は、ずっと保有していることです。

12月~1月初旬のビットコイン価格の急上昇を正確に予想できていた人は、たぶんいないと思います。

(探せばいるかも知れませんが…、仮想通貨に詳しい人でもこれほどの急上昇はほとんど予想できなかったと思います)

私も、中長期では上昇していくだろうと書いていましたが、12月からの上昇は予想できませんでした。

ここまで短期で上がるとは思っていなくて、(2020年の)10~11月頃の予想では

「年明け(2021年)くらいに2万ドルを超え、21年前半くらいまでには、もしかしたら4万ドルくらいいけるかなー」といった感じに思っていました。

今回の急上昇は全くと言っていいほど予想できませんでしたが、その急上昇の恩恵を受けることはできました。

急上昇が起きる前からビットコインを保有していたからです。

正確に予想できなくても、大当たりを引くことは可能なんです。

急上昇が起きるタイミングなんて、正確に分かれば苦労はありません。

しかし、恩恵を受けることは簡単にできます。

急上昇が起きる前から保有していればいいんです。

ビットコインの場合、予想がはずれても「時間が」味方してくれます。

仮想通貨バブルで予想大はずれの高値をつかんでしまった出川組の方たちも、3年たった今では(保有していれば、含み益で)大きな利益を得ているでしょう。

ということで、下落しそうでもなんでも、このままガチホしているのが一番です。

そうすれば(いつ来るか予想できない)急上昇の恩恵を受けることができますから。

暴落した時にとるべき行動は、

初心者なら「チャートを見ない、取引所の口座にログインしない」

中級者なら「ビビらず静観する」

上級者なら「よろこんで買い増しする」

ですよ。

今回はこの辺で失礼します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました